第18回 2016年10月4日

(掲載 : 2016年10月22日 09:12)
外部監査委員会・ひかりの輪役員会 第18回合同会議を開催。主な内容は下記の通りです。


【第1】ひかりの輪からの活動報告事項

  ひかりの輪からは、主に前回会議(2016年7月5日)から本監査日までの間の以下の事項について、参考資料に基づく報告があった。

 1,各本支部教室活動

  (1)夏期セミナー(年3回の大型行事の一つ)についての開催状況詳細報告
   ・名古屋教室並びに大阪教室(8月6日~8月7日)
   ・東京本部教室(世田谷区南烏山)(8月11日~8月15日)
   ・福岡教室(8月21日)

 【主なプログラム内容】
   ・上祐代表の講話・講義(苦しみを和らげ、真の幸福に近づく仏教哲学や心理学 等)
   ・夏期特別教本(東洋の概念「気」に関する(仏教・ヨーガ)思想を基にした霊的科学の解説 等)
   ・心理学講義(上祐代表・山口指導員)の対話式講義(ストレスや人間関係の解決に役立つ心理学の解説及び実践法 等)
   ・その他(気功・ヨーガ行法の解説及び実践、野外での歩行瞑想等)

  (2)聖地巡りの開催状況等(団体全体)
   ・出羽三山にて本格的な体験山伏修行(7月30日~7月31日)
   ・日光 聖地・自然巡り[日光東照宮・二荒山神社・中禅寺・中禅寺湖千手ヶ浜](8月16日)
   ・上高地・白馬連峰の自然・聖地巡り[上高地・白馬八方尾根・穂高神社里宮・青木湖](9月17日~9月19日)


  (3)聖地巡りの開催状況等(各教室主催)
   ・奈良:「阿弥陀信仰と聖なる山への信仰」聖地巡り(名古屋教室/大阪教室合同)[當麻寺・二上山](7月24日)
   ・滋賀:「日本仏教の母体:比叡山延暦寺全山瞑想」聖地巡り(名古屋教室/大阪教室合同)[比叡山延暦寺東塔・西塔・横川](8月21日)

  (4)上祐講話会・勉強会の開催日時と場所、主な内容、等
  (5)山口指導員の心理学講義の開催日時と場所、主な内容、等
  (6)今後の主な行事予定(2016年12月まで~公式HPに掲載)
   ・(団体全体)「富士山の世界遺産を巡る」一泊二日聖地巡り(仮題)(11月5日~11月6日)
   ・(各教室主催)「秋を彩る紅葉の東信州の聖地巡り」[軽井沢・御代田)(10月22日)


 2,広報活動

  (1)雑誌・書籍等への掲載報告
   ・インターネットニュースサイト『R=ZONE』に上祐代表のインタビュー記事が掲載
    (「神戸連続児童殺傷事件」の犯人・元少年Aの出版した『絶歌』を取り上げ、オウムの反省・総括に基づき同事件を考察する内容)

  (2)映画への協力報告
   ・海外の映画監督によるドキュメンタリー映画制作への協力についての報告

  (3)学生の研究への協力報告
   ・海外の大学の学生の研究(オウム事件が社会に与えた影響についての研究)への協力についての報告

  (4)今後の予定
   ・池袋のイベントバー「イベントバーエデン」にて上祐代表のトークイベント(講演会)開催予定(11月10日)
   ・長野のライブハウスにて近田春夫×上祐史浩の対談トークイベントを開催予定(11月23日)
   ・深月ユリアさん(女優・モデル)のネット番組への上祐代表出演オファー(3回目)があり、現在日取り検討中。

  (5)出版関連(予定)報告
   ・当団体関連の出版予定報告


 3,オウム被害者支援機構、オウム事件

  (1)被害者賠償金支払い状況の報告(現時点で総額3744万5014円)
  (2)慰霊行事の実施(3か月に一度)
     ・9月28日に東京本部、及び全国支部にて犠牲者等への慰霊行事の実施及び賠償金の寄付を募った。
     ・慰霊に先立ち、終局に向かうオウム裁判や教祖の刑執行に向けての状況、終わることのない被害者の苦悩や真相解明への想い等、
     謝罪と追悼を交えながら詳しく現在の状況を報告。
  (3)オウム真理教犯罪被害者支援機構への会計報告
     ・2015年の上半期分(4月に報告)において「一部数値に誤り」の指摘があり当団体にて精査した結果、
          手続きの変更に伴う事務的ミスであることがわかり、9月2日付で修正を報告を行った。

 4,アレフ問題対応

  (1)アレフ脱却支援状況の報告 計0件
  (2)覆面ヨガ教室脱却支援の報告 計4件


 5,ロシア人に関する活動報告
     ・ロシア当局によるオウム真理教に対する規制の動き等についての報告

 6,地域住民問題

  (1)東京本部の現在の状況についての報告
     ・GSハイム烏山(本部所在マンション)管理組合との関係についての報告
     ・烏山地域オウム真理教対策協議会との関係についての報告
  (2)大阪の専従会員住居状況報告
  (3)福岡支部教室状況報告
  (4)名古屋支部教室状況報告
  (5)その他の地域の状況報告

 ※上記(2)~(5)においては前回に引き続き現状で特に問題は見られない。


 6,公安調査庁(観察処分)

  (1)公安調査庁への定期報告状況
  (2)公安調査庁による立入検査状況
  (3)公安調査庁への訴訟に関する進行状況の報告(2件)
     ・「名誉棄損に基づく国家賠償請求訴訟」
     ・「観察処分取消訴訟」


 7,外部監査関係

  (1)外部監査活動への協力状況
   ・監査委員の助言に基づき、ひかりの輪会員、外部監査協力者等のアンケート実施
   ・活動アンケート(148通)/内観感想アンケート(13通)/立入検査チェック表(4通))
   ・監査内容に該当するような回答は一つも見当たらず。

  (2)外部監査協力者による立ち入り検査
   ・各施設で実施(東京・横浜・仙台・長野・名古屋)は前回の報告の通り。
   ・千葉施設に関しては、監査委員の一人が9月24日に実施。
   ・報告書(立ち入り検査チェック表)は添付CD収録

  (3)会計監査関係
   ・団体の収益活動を処理するSPSCLLP(有限責任事業組合)の会計内容に関し、税理士の監査を受けて2015年度の税務申告は完了。(前々回報告済み)
   ・非営利の任意団体・ひかりの輪に関しては、上記同様税理士の監査を開始し、税理士が8月4日に当団体本部に来訪、助言を受けた。


 8,外部監査委員による精神的指導


 (1)犯罪者更生・被害者学専門の大学名誉教授
   >自己反省法「内観」指導
   >実施報告 (大阪/長野/名古屋)
   >今後の予定 (東京/福岡)

 (2)伝統宗教の宗教家(東北地方の修験道の先達)
   >山岳修行場における修験道指導
   >今年度は7月30日(土)~)7月31日(日)に実施。



【第2】ひかりの輪からの提供資料

  ひかりの輪からは、外部監査規約に基づき、同日までに、以下の資料提供があった。
 (監査委員は同日以降も各自宅にてこれらを審 査す る)。

  1,報告レジメ添付資料綴り一式
  2,2016年 夏期セミナー特別教本『気の霊的科学と人類革新の道 ヨーガ行法と悟りの瞑想』
  3,『月刊ひかりDVD』2016年8月号、9月号、10月号(計3点)
  4,2016年8月15日付公安調査庁長官宛定期報告書
  5,CD『2016年10月3日 ひかりの輪外部監査委員会』(活動アンケート、内観感想文等の記録媒体)
 
ひかりの輪・外部監査委員会は、オウム真理教事件再発防止の観点に立ち、
ひかりの輪の団体運営が適正になされているかを外部から監査するために、2011年12月17日付けで発足した3人以上の外部監査委員からなる委員会です。

Copyright (C) 2012 Hikarinowa Outside Audit Committee All rights reserved.