2012年1月22日 ひかりの輪を初監査

(掲載 : 2012年3月20日 10:00)
3名の監査人とともに、ひかりの輪東京本部(東京都世田谷区南烏山)に立ち入り、初めての監査を実施した。

・上祐代表や、役員、専従会員(出家の会員)、非専従会員(在家の会員)、施設を来訪した一般人らとの面談を行い、ひかりの輪の活動状況について聞き取り調査。
・ひかりの輪の全国各施設の地域住民の反対運動の現状について、ひかりの輪から説明を受ける。
・同本部内の道場や専従会員個人の居住スペースを含む施設全部への立ち入りを行い、施設の使用状況を調査。
・同日行われた上祐代表説法会の全部を視察。
(河野委員長は、ひかりの輪指導員や、上祐代表説法会の参加者に対して、松本サリン事件の被害実態についても話を行い、被害者の苦悩への理解を促した。また、同委員長は、監査終了後、外で待機していたマスコミ各社の取材に応じて所感を述べた。)
>>詳細はこちら

参加者に対し、松本サリン事件の被害の実態についての話を行った。

外部監査終了後、マスコミ各社の取材に対応、その感想を述べた。 

以下は、当日のニュース一覧。

◎河野義行さんが初の監査 ひかりの輪施設に立ち入り
2012/01/22 19:11 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012201001418.html

 オウム真理教幹部だった上祐史浩氏が代表を務める「ひかりの輪」の外部監査人に就任した松本サリン事件被害者の河野義行さん(61)が22日、東京都世田谷区南烏山の団体施設に立ち入り、初の監査を実施した。

 河野さんは午前9時半すぎに施設を訪れ、上祐代表から団体の現状などについて説明を受けた。その後、代表や信者が生活する部屋、道場など施設内を監査。持参したデジタルカメラで仏画や仏具などを撮影し、信者とも会話した。

 監査後、河野さんは「住民の不安があれば取り除いていく。もしこの団体に特に危険があれば、告発などをしなければならない」と話した。


◎【動画】河野さんが初の監査
2012年01月22日
http://www.47news.jp/movie/general_national/post_6183/

ひかりの輪施設に立ち入り

松本サリン事件の被害者の河野義行さんが22日、オウム真理教の元幹部が代表を務める宗教団体の外部監査人として東京都内の団体施設に入り、初めて監査を行いました。


◎河野さんが初の監査 「ひかりの輪」に立ち入り
msn産経ニュース 2012.1.22 12:16
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120122/crm12012212170004-n1.htm

 オウム真理教の幹部だった上祐史浩氏が設立した「ひかりの輪」の外部監査人に就任した松本サリン事件被害者の河野義行さん(61)が22日、東京都世田谷区内の団体施設に立ち入り、初の監査を実施した。
 河野さんは「ひかりの輪」の要請を受け、大学教授らとともに先月、外部監査人に就任した。

(動画の詳細)
 松本サリン事件の被害者の河野義行さんが22日、オウム真理教の元幹部が代表を務める宗教団体の外部監査人として、東京都内の団体施設に入り、初めて監査をおこないました。
 河野さんは、オウム真理教の幹部だった上祐史浩氏が代表を務める、宗教団体ひかりの輪の要請を受けて、先月、大学教授らとともに、この団体の外部監査人に就任しました。
 外部監査人は、施設の立ち入りなどによって、団体の実態を調べ、必要に応じて勧告をおこなうほか、違法行為などを知った場合、告発したり、公表したりするということです。

 河野さんは、東京都世田谷区南烏山にある団体の施設を訪れ、上祐代表から団体の現状などについて説明を受けたあと、上祐代表や信者が生活する部屋や道場など、施設内の監査を行いました。
 また、持参したデジタルカメラで仏画や仏具などを撮影したほか、信者とも話をしました。

河野
「まあ自分たちの、いわゆるやらなきゃいけないことというのはですね、あくまでも、住民の不安があるのであれば、そういうものを取り除いていくということと、それから、もしこの団体に危険っていうものがあるのであればですね、逆にこちらが告発しなきゃいけないという、自分のやるべきことを、忠実にやっていく、それだけだと思うんですけれど」

広末(ひかりの輪副代表)
「今日は、河野さんご自身から松本サリン事件とか、被害者としての苦しみについてのお話も聞かせていただきました。こういったような苦しみを感じられて、それでもなお私たちの団体の外部監査人を引き受けてくださった、その河野さんを決して裏切ることがないように、皆で償いを深めていけるようなそういう団体にしたいという気持ちを、本日また強めさせていただきました」
 
ひかりの輪・外部監査委員会は、オウム真理教事件再発防止の観点に立ち、
ひかりの輪の団体運営が適正になされているかを外部から監査するために、2011年12月17日付けで発足した3人以上の外部監査委員からなる委員会です。

Copyright (C) 2012 Hikarinowa Outside Audit Committee All rights reserved.