2012年4月22日~23日 「内観」指導の実施(仙台)

(掲載 : 2012年5月22日 10:00)
「内観」指導の実施

【監査日】2012年4月22日10:30~23日19:30
【監査実施委員】犯罪者更生や被害者学の専門家の大学教授
【監査場所】ひかりの輪仙台道場
【監査内容】自己反省法「内観」の指導

ひかりの輪構成員7名(専従会員1名、非専従会員6名)に対して、自己反省法「内観」の指導を監査委員が行いました。(「内観」の詳細やこれまでの「ひかりの輪」での実践については、「ひかりの輪」公式HP『内観の研修(家族軽視の教義の反省)の実施』をご覧下さい)。今後もオウム時代の反省を助ける指導の一環として、全国各支部で「内観セミナー」を順次開催していきます。
 
ひかりの輪・外部監査委員会は、オウム真理教事件再発防止の観点に立ち、
ひかりの輪の団体運営が適正になされているかを外部から監査するために、2011年12月17日付けで発足した3人以上の外部監査委員からなる委員会です。

Copyright (C) 2012 Hikarinowa Outside Audit Committee All rights reserved.