サイトマップへ

【監査日】2012年1月22日

(掲載 : 2012年3月20日 10:00)
【監査実施委員】河野委員長、犯罪者更生・被害者学専門の大学教授、犯罪者更生の専門家の計3名
【監査場所】ひかりの輪東京本部
【監査内容】河野委員長は、初めてひかりの輪東京本部に立ち入り、他の監査委員とともに、以下の監査を実施。

  • 上祐代表や、役員、専従会員(出家の会員)、非専従会員(在家の会員)、施設を来訪した一般人らとの面談を行い、ひかりの輪の活動状況について聞き取り調査。
  • ひかりの輪の全国各施設の地域住民の反対運動の現状について、ひかりの輪から説明を受ける。
  • 同本部内の道場や専従会員個人の居住スペースを含む施設全部への立ち入りを行い、施設の使用状況を調査。
  • 同日行われた上祐代表説法会の全部を視察。(河野委員長は、ひかりの輪指導員や、上祐代表説法会の参加者に対して、松本サリン事件の被害実態についても話を行い、被害者の苦悩への理解を促した。また、同委員長は、監査終了後、外で待機していたマスコミ各社の取材に応じて所感を述べた。)
 
ひかりの輪・外部監査委員会は、オウム真理教事件再発防止の観点に立ち、
ひかりの輪の団体運営が適正になされているかを外部から監査するために、2011年12月17日付けで発足した3人以上の外部監査委員からなる委員会です。

Copyright (C) 2012 Hikarinowa Outside Audit Committee All rights reserved.