サイトマップへ

2012年12月16日 外部監査委員会・ひかりの輪役員会第5回合同会議

(掲載 : 2013年1月27日 23:39)
【監査日】2012年12月16日
【監査実施委員】河野委員長はじめとする外部監査委員全員(
計4名)
【監査場所】ひかりの輪東京本部
【監査内容】ひかりの輪東京本部における外部監査委員会・ひかりの輪役員会第5回合同会議に付随して、ひかりの輪役員からの、以下の活動報告および資料提供を受け、ひかりの輪の活動状況について監査を実施。

 外部監査委員会・ひかりの輪役員会 第5回合同会議を開催。

 主な内容は下記の通り。


1,ひかりの輪からの活動報告および資料提供を受け、監査を実施。


2,上記監査および同日行われたひかりの輪本部全室への立ち入りの結果、以下のとおり、ひかりの輪への助言を実施。

(1)地域住民対応で進展があった場所については、今後も引き続き、担当の役員が赴いて事情説明を行うなどして、誠実な対応に努めること。

(2)従来のオウム・アレフとの違いを明らかにするために、ひかりの輪構成員の私的生活場所についても、公的場所(道場など)と同様に、より整然たる空間づくりに努めるべく、9月30日に助言した件については、一定の進展が見られたので、今後も努力を続けること。

(3)一階の道場部分の窓が開くようになり、外部からの光が入るようになったことは大変良い印象を受けた。今後もより開かれた環境の改善努力を期待する。


3,外部監査委員によるひかりの輪への精神的指導の状況について、担当の委員から報告を行った。
 
ひかりの輪・外部監査委員会は、オウム真理教事件再発防止の観点に立ち、
ひかりの輪の団体運営が適正になされているかを外部から監査するために、2011年12月17日付けで発足した3人以上の外部監査委員からなる委員会です。

Copyright (C) 2012 Hikarinowa Outside Audit Committee All rights reserved.